名前の改名は赤ちゃんから

良い名前の条件

  1. 画数が吉数のみ
  2. 漢字が読みやすい
  3. 書きやすい
  4. 姓と名のバランスが良い
  5. 聞き取りやすい
名前の改名の目的はいじめ対策

1.画数が吉数のみ


吉数はプラスのエネルギーを発散し、そのエネルギーを毎日浴びると運を引き寄せてくれます。そういう意味ではお名前を決めるときに画数が大切になります。

苗字を除いた画数、主格(苗字の最後の文字と名前の最初の文字)、名格(名前)、外格(苗字の最初の文字と名前の最後の文字)がすべて𠮷数であることがポイントです。

凶数があればマイナスのエネルギーを毎日浴びることになり、私のように難ある人生を送るようになります。出来ればすべての画数が吉数でありことが望ましいのです。赤ちゃんの名前はその子の開運を考えて𠮷数のみでお名前を付けてあげてください。

名前の改名の意味

2.漢字が読みやすい


名前を付けるときには読み方には制限がなく、どのように読ませても問題はありません。しかし、両親が気に入って付けますが、周りの人から読めない名前も多くあります。

例えば、桃花(ぴんく)、男(あだむ)、心姫(はあと)、愛翔(らぶは)、紅葉(めいぷる)、夢姫(ぷりん)、天音(そぷら)、奏夢(りずむ )などはその例です。いずれも個性的ではありますが、知らなければ読むことがせきません。これでは幼稚園や学校に行ったときに先生や友達から正しく読んでいただけません。

フリガナがなければ読めない特殊な読み方はいちいち説明をしなければいけません。結局苦しむのは子供さん本人です。特に女の子の開運を考えると名前の付け方は重要です。

名前の改名占い

3.書きやすい


名前は一生のうちかなり多くの回数書いたりします。ですので名前の字画が多いとか、難しい漢字やめったに使われない時などは避けた方が良いです。

最近は1つの漢字に1つの音を当てるような使い方が多くなっています。両親は子供の将来を考えて名前を付けますが、文字数が多くなると書くのも大変です。

例えば、多玖実(たくみ)や茉莉佳(まりか)などがそれにあたります。

名前の改名で運気アップ

4.姓と名のバランスが良い


名前を考えるときは姓名のバランスが大切です。例えば、苗字が3文字の方のお名前を付けるときには、名前を3文字にすると大変長い名前になります。

例えば、長谷川由紀子や龍王寺幾太郎などがそれに当てはまります。

また、苗字が1文字の人に1文字の名前を付けるのもバランスは良くありません。
例えば、林一や岡賢などがそれに当てはまります。

名前の改名は旧字

5.聞き取りやすい


名前は書いたり読んだりするよりか、人から呼ばれる方が圧倒的に多いのです。響きが良くて聞き取りやすいことが大切です。名前の音や響きはその人のイメージ付けに大きく影響をしています。聞き取りやすくて呼びやすい名前が良い名前と言えます。

例えば、そうたorしょうた/ このはorほのは/ゆづきorゆずき/など、どちらなのかわからない名前もあります。