離婚後の名前

離婚後の名前の使い方


  1. 元の旦那さんの姓を名乗る
  2. 旧姓に戻す
開運のための名前

1.元の旦那さんの姓を名乗る


元の旦那さんの名前をそのまま使う場合は、離婚の原因が名前の凶数の影響ではないか?確認することが大切です。

私が婚活パーティでカップルになったバツイチの方の多くの人は子供のことを考えて、元の旦那さんの名前をそのまま使っています。その人達を鑑定しましたが、すべての人に凶数がありました。

以前知り合った人は結婚後のお名前が総画36画になりました。旦那さんのご商売がうまくいかなくて、悪いことに連帯保証人になっていたので自己破産したとのことでした。これも凶数のマイナスパワーから来ています。

また、別の人は結婚後のお名前が総画40画になりました。大凶です。この画数は家庭運、夫運が悪くいざこざが絶えません。本人に離婚の理由を聞いたところ、元の旦那さんとしょっちゅう喧嘩して子供のことが不憫だと思い、思い切って離婚したそうです。

さらに、結婚して総画が34画になった人もいました。元の旦那さんは結婚して仕事第一主義に変わり、家庭を全く顧みなかったようです。さらに、家以外に帰るところがあったようです。どうやら浮気をしていたみたいです。専業主婦で子供がいなかったので家庭生活がさみしいものだったようです。

結婚して30画になった人もいました。大凶です。30画は家庭運も良くありませんし、子供さんの問題も出てくる暗示があります。さらに、金銭的な問題も持ち上がる可能性もあります。

私が今まで鑑定した中で最強の人がいました。総画が30画で名格(地運)が20画、天格(天運)が10画の方です。0画の凶数を3つも持っておられました。ギャンブル好きで一攫千金を常に狙われていましたが…。もちろんバツイチさんでした。

それぞれの方が何らかの理由で離婚されますが、その原因が姓名の凶数にあることも見逃すことが出きません。

離婚した名前の開運法

2.旧姓に戻す


バツイチ(離婚した女性)の場合、旧姓の方が良い場合があります。

私の知り合いがそのケースでした。結婚してからのお名前の総格が40画で外格が19画になり、お名前の中に大凶が2つになりました。その結果、旦那さんのDVや浮気で離婚。

子供がいなかったので旦那さんの名前から旧姓に戻しました。それが良くて、仕事も順調で中古ですが、マンションも購入し、悠悠自適な生活を送っています。旧姓には凶数がなく総格は大吉なのです。

また、こんなケースもありました。結婚してお名前の総画が39画になった方がおられました。結婚後、数年たってから旦那さんの会社が倒産して職を失いました。失業保険を頂いた後は、全く職に就かず奥さんの収入だけで生活されていました。39画は夫の運を食ってしまう凶数です。そのお名前の通りになってしまったのです。

子供さんがいる場合に旧姓に戻すときは、子供さんの運勢も左右しますので、1度お名前の吉凶を調べることをお勧めします。

改名には次の方法があります。
1.文字だけを改名する方法
2.名前の一部だけを変える方法
3.名前を全て変える方法
4.苗字も名前も全体的に変える

姓名判断はこちらへ