ペット 改名

改名した後の名前の使い方

  1. 潜在意識に刷り込む
  2. 周囲の人に伝える
  3. ポイントカードやサイン
  4. 私物へ名前を記入
  5. 印鑑や名刺を作る
改名した例

1.潜在意識に刷り込む


新しい名前を決めたら最初にやらないといけないことは、自分の意識の中にしっかりと植え込むことです。そして、その名前の人物になりきることが大切です。

改名はただ、かっこいい名前にすることが目的ではありません。自分の目標のために改名したのですから、その目標を達成することが目的となります。

新しい名前の人物になるためには、新しい名前を書いた紙を部屋に貼り、何度もその名前を見て潜在意識にするこむことも1つの方法です。

いつもその名前を見ることで、あなたの心や頭の中に、名前の良いイメージが浸透していきます。

改名したバツイチ

2.周囲の人に伝える


改名したら、新しい名前を周囲の人に伝えましょう。名前を改めたということをできるだけ多くの人に知らせることが大切です。また、公文書以外にお名前を記入する際には、出来るだけ新しいお名前で書くように心掛けましょう!例えば、ホテルのチェックインにも使えますし、セミナーなどに参加してアンケートを書く場合にも使えます。

郵便物へ届け出れば新しい名前の郵便物も届きます。郵便局に行けば住所変更を届け出るはがきがありますので、それに名前が変わったことを記入すればよいのです。

改名のバランス

3.ポイントカードやサイン


例えば、街頭で署名を求められる時がありますね。そんな時には新しいお名前を使ってください。使えば使うほど吉数のプラスのパワーがあなたの運気を上げます。とにかく、公文書以外には新しいお名前を使うことが大切です。

ポイントカードなどを発行するときにも改名した名前を使うことができます。今の時代、ポイントカードがどんどんと増えていますので、積極的に作るように努力してください。そうすれば、吉数のプラスのパワーを発動することが可能となります。

改名するビジネス

4.私物へ名前を記入


私物へ名前を書くことは全く遠慮が要らない行為です。普段は名前を書かないものまで積極的に書くように心掛けましょう!

改名した後は積極的に使いことで効果が現れてきます。大切なことは、改名した人物になりきって吉数のプラスのパワーを浴びることにより、あなたの運気をアップさせることです。ですから、どんなものにも積極的に名前を書くことが重要です。

例えば、免許書にも名前を書けます。裏面を見て頂きますと、名前を書くスペースがあるはずです。それを有効的に使いましょう。

改名したビジネスネーム

5.印鑑や名刺を作る


新しく名刺を作り、積極的に活用して新しいお名前の人物になりきってください。会社が指定した名刺があれば会社と相談して作り変えることも検討してください。もし、難しいようでしたら、裏面にあなたのプロフィールを書いた名刺を新しい名前で作ることをお勧めします。名刺交換の時に2枚お渡しすることも良い方法です。

さらに苗字まで変えた方は印鑑のパワーを使うことも重要です。印鑑は吉凶を左右するものとして位置付けられています。昔から開運のために使われている武器の1つです。

実印を使用しなければいけない場合以外は、新しい印鑑を使っても差支えありません。最近はインターネット通販で商品を購入されるケースが多いと思われます。カード払いの場合には、本名と送品先名が一致しないといけない場合がありますが、本名の後に改名した名前を登録するのも良い方法です。そして、受け取りの際には新しい印鑑を使ってください。

また、印相(印鑑の相)も、吉凶を左右するものとして大変重要です。凶運を持った印鑑はとても運気を落とします。

印鑑を作るときに注意して頂きたいことがあります。凶数の名前をそのまま彫ると、印鑑にもその強運が付いて回り、使えば使うほど運気を下げてしまいます。吉数の名前の印鑑は様々な幸運をもたらしてくれます。

開運改名はこちらへ

オンラインストアーはこちら!

Copyright (c)2020 namejudgment All rights reserved.